保険は大切な商品

保険業界では新しいシステムを開発できるエンジニアを急募しています。
昔は個人宅を戸別訪問しての営業だったものが、各社の保険を1か所に集めプランナーが訪れる顧客と対話しながら保険をどこの会社にするのか、どのような内容にするのかを決めていくからです。どうしても他社との競合になってしまいますので、いかにスムーズに見積を上げることが出来るか、といった使いやすさでもプランナーのお薦めが違ってきます。どれほど内容が良くてもそれが顧客に伝わらなかったり、また理解されにくい内容では契約には結びつくことは難しいでしょう。
保険業界のエンジニアとして活躍するには、まず社会の情勢を知っておかなくてはいけません。不景気な時代には保障が大きいものを望む人もいます。核家族化が進み、死亡後の保険金よりも生きているうちに還付されることに魅力を感じる人もいます。また近年の仕事を失う不安からか、給与分を保障する保険もあります。これは退職したり、休職したりといった収入が途切れた時に毎月給与に近い金額が支給されるといった内容のものです。
このように保険業界では常に新しい商品が開発されています。
保険業界でエンジニアとして活躍する、また画期的な保険を商品として世の中に変革を与えたいと思うのであれば、今の世の中で必要とされている保険内容がどのようなものか、またこれからどのような変化が起こり得るのかといったことにもアンテナを張っておく必要があると思います。新しいものを取り入れる感性のよさも技術以上に必要かもしれません。技術的に優れたエンジニアはもちろん必要ですが、それ以上にたくさんの顧客に長く愛される商品を作ることが出来るエンジニアの方が必要なのではないかと思います。